プロポリスの上手な活用方法

プロポリスが与えるアレルギーへの影響

私たちの体は、免疫力によって守られています。細菌やウィルスが体内に侵入すると免疫力によって「抗体」がつくられ撃退するのです。アレルギーはこの免疫反応に異常がおきて、痒みなどが引き起こされる症状です。さらに悪化すると「アナフィラキシーショック」と呼ばれる危険な状態に陥ることもあるので注意が必要です。プロポリスはアレルギーにも効果があると言われています。

アレルギーのメカニズム

アレルギーの原因となるのが「アレルゲン」と呼ばれる物質です。アレルゲンには、花粉やホコリ、ダニ、食物、薬物などさまざまなものがあります。アレルギーは、このアレルゲンに対して抗体が過剰に反応するために引き起こされます。

IgE抗体

アレルギーに深く関係しているのが、「IgE抗体」というタンパク質です。アレルゲンが侵入するとIgE抗体がつくられ、アンテナのように張りめぐられます。次にアレルゲンがアンテナにひっかかるとヒスタミンなどの化学物質が放出されて痒みが引き起こされます。アレルギー体質の人は、このIgE抗体がつくられやすくなっています。

プロポリスとアレルギー

プロポリスにはアレルギーに対する効果も報告されていますが、同時にアレルゲンになる可能性もわずかながら存在しています。

プロポリスの効果

プロポリスには抗炎症効果があります。アレルギーで皮膚が痒くなると掻いて炎症を引き起こします。この炎症がさらに痒みを生み出す結果になるのです。プロポリスは、この炎症を軽減する効果があります。また、プロポリスには「抗アレルギー効果」も期待されています。痒みの原因となるヒスタミンの分泌を抑制する働きがあります。さらに、プロポリスに含まれる抗酸化物質やビタミン、ミネラル、アミノ酸などの働きで免疫力を強化して、アレルギーにならない強い体をつくります。

アレルギーを引き起こす可能性

プロポリスはミツバチが植物の樹液を集めて巣に塗りつけた塊から抽出したものです。天然の素材ですから副作用の危険性はありませんが、素材自体がアレルゲンになる場合もあります。特に蜂アレルギーや食物アレルギーの人は要注意です。また、抽出にアルコールを使用しているので刺激臭が強く、喘息などの呼吸器に疾患を抱えている人は、刺激臭でアレルギーを引き起こす可能性もあります。このような人は医師に相談することが大切です。

かゆみや湿疹が出たら

アレルギー体質の人でない場合でも、かゆみや湿疹などの症状がでることがあります。体質が改善する途中の「好転反応」と呼ばれる症状であることが多いですが、継続する場合は、量を減らすか医師に相談するようにしましょう。アレルギーが心配な人は、飲む前にパッチテストなどでチェックするのがオススメです。

【参考文献】
プロポリスの抗アレルギー効果
http://www.morgle.com/antiallergy.html
プロポリスがアレルギーに効果的
http://www.mfk.jp/koukateki.html

page top